歴史

 

昭和43年(1968)

吉岡厚太郎氏により選手22名で若葉リーグ結成グランド確保は、都立大学にお願いし、当時職員で野球部の選手であった平野氏(現シニア監督)、若井氏に指導を依頼。

昭和44年(1969)

品川リトルリーグに加入。

昭和45年(1970)

品川リトルリーグから分離独立、目黒リトルリーグ(現目黒東、大田リトルを含む)を設立。選手数50名程になる。

昭和46年(1971)

目黒東、大田両リーグ独立。若葉チームは目黒西リーグと改称。選手数100名を越える。

昭和47年(1972)

リトルチーム、関東大会準優勝。練習グランドも都立大学が使用できなくなり澁谷女子高校中の島グランドを借り、その後南多摩に空き地を確保、父兄総動員でグランド作りをした。

昭和48年(1973)

リトル卒業生を対象とした目黒西シニアリーグを結成、現在の目黒西少年硬式野球協会となる。当時10リーグそこそこのシニアリーグであったが、連盟に加盟し、リトル監督であった平野氏にシニア監督を依頼し、スタート。

昭和53年(1978)

目黒西リトル10周年記念。記念誌発行。名誉会長、下村泰氏(コロンビアトップ参議院議員)、会長、林秀一氏事務局長、吉岡厚太郎氏,シニア監督松岡昌俊氏(高松商業-早大-東映)。

昭和54年(1979)

五島育英会のご好意により、梶ケ谷グランドをほぼ専用グランドとして持つことができる。

昭和58年(1983)

リトル東京連盟第一回理事長杯優勝

昭和63年(1988)

梶ケ谷グランド返還。会長、大久保豊氏

目黒西リトル20周年、シニア15周年記念。

平成元年(1989)

東京中日スポーツ杯優勝

関東大会夏季大会準優勝

平成6年(1994)

第一回読売ジャイアンツ杯争奪(リトル・シニア)選手権大会開催

平成7年(1995)

リトルチーム、全国選抜大会第3位入賞

東京連盟杯理事長杯優勝。

平成9年(1997)

第3回全国選抜リトルリーグ野球大会出場

第25回日本選手権大会(日本リトル・シニア 25周年記念大会)全国第3位

秋季関東大会出場

平成10年(1998)

目黒西リトル30周年、シニア25周年を迎え記念式典。

シニアチーム夏季関東大会ベスト8(6位)

第26回全日本選手権大会出場

秋季関東大会出場

平成11年(1999)

関東連盟春季大会出場。

城南ブロック春季大会優勝。

関東連盟夏季大会(日本選手権代表決定戦)3回戦進出。

東東京支部夏季大会(東京中日スポーツ争奪戦)準優勝。

山梨ウイングカップシニア野球大会優勝。

東東京支部秋季大会(関東大会代表決定戦)準優勝。

関東連盟秋季大会(全国選抜選考大会)ベスト16。

城南ブロック1年生大会優勝。

平成12年(2000)

泉佐野市長杯争奪戦野球大会3位。

山梨ウイングカップシニア野球大会準優勝。

東東京支部秋季大会(関東大会代表決定戦)優勝。

関東連盟秋季大会(全国選抜選考大会)ベスト16。

平成13年(2001)

第7回全国選抜野球大会出場(大阪)

関東連盟夏季大会(日本選手権代表決定戦)3回戦進出。

山梨ウイングカップシニア野球大会優勝。

東東京支部秋季大会(関東大会代表決定戦)3位。

関東連盟秋季大会(全国選抜選考大会)出場。

目黒西卒団・平野恵一君プロ野球オリックス入団を祝う会(目黒雅叙園) 。

平成14年(2002)

リトルシニア委員会関東連盟東東京支部春季大会6位。

城南ブロック春季大会準優勝。

関東連盟夏季大会(日本選手権代表決定戦)初戦敗退。

城南ブロック秋季大会優勝。

東東京支部秋季大会優勝関東連盟秋季大会ベスト8。

平成15年(2003)

第9回全国選抜シニア野球大会出場(大阪)

関東連盟春季大会優勝。

北海道連盟記念全国選抜大会出場

第31回全日本選手権大会ベスト8

COALACUP全日本メンバーとして出場

目黒西リトル35周年、シニア30周年記念祝賀会(東京プリンスホテル)

平成16年(2004)

関東連盟夏季大会3位

第32回日本選手権出場

ジャイアンツカップ出場

平成17年(2005)

城南ブロック1年生秋季大会優勝

東東京支部1年生秋季大会出場

東東京支部夏季大会(東中杯)4位

九州連盟創立25周年記念全国選抜野球大会出場

平成18年(2006)

磯野弘三氏 九代目会長に就任

関東連盟秋季大会出場

城南ブロック1年生秋季大会3位

平成19年(2007)

城南ブロック春季大会 優勝(Bチーム)

城南ブロック秋季大会優勝

東東京支部秋季大会準優勝

ミズノ杯関東連盟秋季大会ベスト16

伊豆の国市長杯友好親善大会準優勝

城南ブロック1年生秋季大会準優勝

東東京支部1年生秋季大会出場

第1回 阿里山盃 出場(台湾嘉義縣立棒球場ほか)

平成20年(2008)

第14回全国選抜大会(大阪)ベスト16

東東京支部春季大会準優勝

関東連盟春季大会ベスト16

東東京支部夏季大会(東中杯)優勝

平成21年(2009)

城南ブロック春季大会優勝(Bチーム)

準優勝(Aチーム)

城南ブロック秋季大会準優勝

関東連盟秋季大会出場

平成22年(2010)

東東京支部春季大会準優勝

関東連盟春季大会出場

城南ブロック春季大会優勝

関東連盟夏季大会準優勝

夏季全国大会出場

第4回ジャイアンツカップ(ベスト4)

城南ブロック秋季大会準優勝

平成23年(2011)

関東連盟秋季大会出場

平成24年(2012)

東東京支部春季大会準優勝

関東連盟春季大会出場

城南ブロック春季大会優勝(Aチーム)準優勝(Bチーム)

城南ブロック秋季大会3位

関東連盟秋季大会出場

城南ブロック1年生大会3位

第4回林和男基杯国際野球大会兼北海道連盟創立40周年記念全国選抜大会出場

平成25年(2013)

城南ブロック秋季大会3位

第9回伊豆の国市長杯準優勝

平成26年(2014)

関東連盟春季大会出場

平成27年(2015)

城南ブロック秋季大会準優勝

城南ブロック1年生大会3位

平成28年(2016)

第9代 平野晃二監督 勇退 第10代 宮越俊樹監督 就任

平成29年(2017)

城南ブロック春季大会3位

平成30年(2018)

城南ブロック春季大会準優勝

第2回杉崎孝杯争奪野球交流大会3位

第9代 磯野弘三会長 勇退 第10代 信岡史將 就任

 

歴代役員一覧

歴代会長

リトル歴代監督

シニア歴代監督

初代 金野好治 平野晃二 平野晃二
二代 下村泰 高橋繁雄 松岡昌俊
三代 吉岡造 松岡勝彦 小西有
四代 林秀一 渡辺光 川村隆一
五代 南条安男 吉原昭雄 渡辺光璋
六代 吉岡厚太郎 池田国宏 二宮至
七代 大久保豊 八木茂
八代 荻野茂男 若林憲一
九代 磯野弘三 平野晃二
十代 信岡史將 宮越俊樹